Le Grand Bonheur大福あんぱん誕生のおはなし

パンのなかの大きな幸せ

1927年創業の老舗 ヨーロッパンキムラヤの大福あんぱんは30年以上の歴史があります。

大福あんぱん ヨーロッパンキムラヤ二代目が、パリに住む大福好きの友人を驚かせようと、パンの中に隠して持っていったのが、この大福あんぱんの始まりです。

その大福は、日本に住むお母さんが、大福好きの息子に持っていって欲しいと二代目に頼んだものでした。 二代目は、どうやって持っていこうかと考えました。大福は雪のような真っ白な粉で覆われ、柔らかく、母のぬくもりがありました。それを一番伝わる方法で持っていきたかったのです。 二代目は、パリで“幸せ”の象徴とされる“ブリオッシュ”の生地で大福を包み焼き上げました。

パリで手渡されたパンを、普通のあんぱんだと思って食べた友人。 するとパンの中からは、お母さんから預かった大福が出てきたのです。 パンの中に包まれていたのは、母の想いと、良き友の想い、そして懐かしい“故郷”の風景でした。 友人はこのパンのなかに、大きな幸せがあることを見つけたのです。

フランスの諺で、“Le Bonheur est dans le pré”という有名な言葉があります。 “幸せはどこに?”という意味です。 フランスと日本の二つの国の食文化が、幸せはどこにあるのか?
ということを私たちに問いかけてくれました。 そして、大切なことに気づくたび、大きな幸せを感じるのです。

こうして、日本の著名な文化人、日本を代表するアーティストに愛され続け、その評判は世界へと伝わっていったのです。
このパンを召し上がってくださった方々にも、この大きな幸せが届きますように・・・

大福あんぱん 大福あんぱん